米・加に広がる

ホリスティック教育

提唱者のミラーさん招いて講演会

讀賣新聞 1994年5月14日掲載記事より

「ヨガ、禅、めい想など東洋からも多くのことを学びました」と語るミラーさん(中央)

 
 医学などの分野で最近よく耳にする「ホリスティック」。すべての物事は、互いにつながり合っているという考え方だ。それに基づく「ホリスティック教育」の実践がカナダ、アメリカで広がっている.その提唱者の一人で、このほど著書が翻訳出版されたカナダ・オンタリオ教育大学院教授のジョン・P・ミラーさん(50)を招いた講演会が京都で開かれた。

 様々な試み結集

新しい流れ作り出す

 主催は京都市西京区の学習ネットワーク「もうひとつの学びの場」(代表・栗生喜夫さん)。教師や親たち約百人が参加して熱心に耳を傾けた。
 ミラーさんは「ホリスティック教育とは心と体、個人と共同体、論理的思考と直感、地球上の様々な命などの間の“かかわり”に焦点を当てた教育」という。
 しかし、「これがホリスティック教育だ」とする決まった形はない。

 ミラーさんの本の翻訳者で大阪女子大助教授・吉田敦彦さん(教育人間学)は「特定の教育方法ではなく、各地でいろんな人が試みている新しい実践を、共通の土俵に乗せて、これまでの学校教育に代わる一つの大きな流れをつくりだす、いわばネットワークのための概念」と話す。
 教科や時間のワクを取り払った「シュタイナー教育」や知、情、意をトータルに伸ばす「全人教育」等も含まれる。「あれかこれか、ではなく、あれもこれも、がホリスティックな考え方なんです」

 講演で、ミラーさんは「20年以上この考え方を提唱してきましたが、80年代末から急速に人々の関心が高まってきました。それは、あらゆる分野に地球的規模で広がっている変化に、この考え方が符合しているからです」と語った。
 民主化への動き、環境意識の高まり、精神的なものへの関心…。象徴的な出来事が、ベルリンの壁の崩壊だったという。

「単に冷戦の終結だけでなく、いろんな制度、システムのために分け隔てられていた、人と人との間の障壁が取り払われていく象徴でもありました。こうした変化の中で、ホリスティックな見方は教育だけでなく、心理学、医学、生態学などでも新しい流れを作り出しています」。

 わが国では平成2年に「ホリスティック教育研究会」(代表・手塚郁恵さん、約200人)が結成され、各地のユニークな取り組みが報告されている。 一方、参加者からは「ホリスティックという言葉はなくても、個性や創造性を重視したユニークな教育を行う学校は昔からある。どこが違うのか」「公教育にどう取り入れたらいいのか」といった質問が相次いだ。
 ミラーさんは、カナダ・オンタリオ州で昨年、州の教育指針に「すべての教育はホリスティックな観点から見直されるべきである」と明記されたことを挙げた。その上で、「現在、一部の私学だけの試みが、ホリスティックな考え方の普及によって、すべての学校で取り入れられるようになります」と説明した。

 ミラーさんは来月26日まで滞在、各地で公開講座や講演会を開く。問い合わせは、神戸親和女子大児童教育学科合同研究室の山根教授(078・591・1651)まで。著書「ホリスティック教育」は春秋社刊、2900円。


新聞雑誌記事のページへ